アスペルガー配偶者について


アスペルガー症候群の人が理解されず、孤独感を味わうことになると、知人や家族を信頼することができず、過激な行動に走る危険性が高くなってしまいます。アスペルガー症候群の配偶者を持つ人は、暴力をふるわれることもあります。


アスペルガー症候群の配偶者がいるときには、自分が良き理解者となり、サポートすることを心がけておかないと、アスペルガー症候群から二次障害を引き起こすことになりますから、注意が必要です。配偶者が犯罪に巻き込まれる可能性も出てきますから、気をつけましょう。


配偶者がアスペルガー症候群であっても、いい関係を上手に築いていくことは十分可能です。この場合には、二次障害が起きていないことが必要です。子供の頃にアスペルガー症候群と診断されている人は少ないとされ、適切な対応や支援をされていない場合には、二次障害が起きやすくなります。


アスペルガーは気付くことが比較的難しい障害です。そのため、自分の家族や親族がアスペルガー症候群であると診断されたことがきっかけで、自分もアスペルガーであるということが分かったという方も少なくありません。


アスペルガーを診察してもらう上で一番大事なのは、たとえ遠くても手間がかかっても、アスペルガーの専門的な知識を持っているお医者様を見つけることです。普通のお医者様では、アスペルガーに対しての知識がなく、過保護とみられてしまうことがあります。




〇おすすめ商品

 自分はアスペルガーなのか?と思う事ありますよね。

 周りに適応できないとか空気が読めないとか悩みます。
 簡単なセルフチェックを試してみると良いかもしれないですね。




present by 体navi